Step2:分析

クラスタニングやデシジョン分析、相関分析などを行い、広告別の顧客の特徴や集客効果を明確にしていきます。

 

売上げに占める顧客層別の比率と実数。

上位25%の顧客で売り上げの60%を叩き出していることが分かります。さらにその比率は上昇し続けており、どの層への広告販促がもっとも必要なのかが確認できます。

 

顧客を独自の手法で8セグメントに分類し特徴を発見。           RFM分類をアレンジし、小売業に実用的な分類とすることで、各セグメントの特徴が明確に把握できます。

 

 

セグメントの特徴の強弱を明確化。         広告効果を高める可能性の高い特徴を発見し、最適な広告販促の選定基準とします。結果、その広告のターゲットと役割が明確になります。

 

 

最も売上に影響を及ぼす顧客の特徴を発見。   たとえば、カードポイント100p以上が優良顧客への登竜門と判明すれば、80pから99pの顧客への集中販促が可能になります。